thumb4

2018年11月07日 リュウの設定

image31.pngリュウはドラゴの息子で、自分がおじさんと少女好きではなかったら、リュウを主人公にしてメイルをヒロインにしていたのではないかなと思います。リュウはメイルと同い年だし、父親がドラゴだし、風のライドギアを操ってて爽やかだし、むしろなぜ主人公ではないのか感がある少年で、その方が王道な話になるし、ブロスはメイルを執拗に狙ってる科学者のポジションがちょうどいいってわかってるんだけど、自分の性癖によって今の形になりました。自分はおじさんの次に少年〜青年期前くらいの少年が大好きで、ひざこぞうが出てると嬉しい派であります。

【突然始まる創作語り】
image32.png

リュウはエドゥアルド人で軍隊に所属しており、風のライドギア・エクリウムラグーンを操ります。こういう主人公的な少年好きなので、はじめはラスボスみたいな感じにしようかと思ったんだけど、作った当時のリュウは9歳で幼すぎたため(いまは14歳です)、9歳の少年にいいようにされてしまう世界だと、世界が軽く見えてしまうかなあと思いやめたのでした。ブロスが離脱した後にメイルと行動するキャラにしようかとも思ったんですが、ブロスが帰って来づらくなるのでそれもやめました。それでどんどん地味になっていきました。すまねえ…。

リュウは「世界が好きだから」という理由で、ウィツィロト(ドラゴの特殊部隊)の刺客としてメイルを確保しに来ます。『封珠の御子』のメイルと対になる、『開珠の御子』という存在で、古代魔術の力を増幅させる力を持っています。

一回目の人工太陽の起動の際に、出力不足が見込まれたのでリュウも部品になるのですが、開珠の力が強すぎて人工太陽が暴走するので、父親のドラゴに「生きていたのか。お前は役に立たなかったようだな」といわれ、ドラゴは悪気なくいっているのですがリュウは傷つきます。人工太陽が暴走して生まれた幻魔のルインエンペラーを倒せば父親が認めてくれるのではと考え、開珠の能力で強化しまくったエクリウムラグーンで戦うのですがルインエンペラーに取り込まれて、ルインエンペラーを倒しにきたライダー達を苦戦させます。リュウは父親を勝たせようと、力を増幅させてルインエンペラーを自壊させようとするのですが、力を使いすぎて灰になってしまいます。

リュウは「父さんの役にたたなきゃ生きてる価値がないんだ」と思っていて、メイルの家族がメイルを守るために何年も拷問に耐えたりドラゴに楯突くのを見て「父さんはあんなふうに自分を守ってはくれないだろう」と考えて、メイルに対しても複雑な思いを抱いています。

ドラゴとリュウは普段会話がないんですが、リュウが部品になる際に「部品になる前に、お前の願いをなんでも聞いてやる」とドラゴにいわれ会話します。「故郷のイシンの丘に行きたいです」「あそこはもう廃墟で何もないぞ」「思い出があります」「……」というやりとりをするのですが、父がであるドラゴが優しかった頃は良くその丘で過ごしていたので、廃墟になって荒れ地になった丘に行きます。「ドラゴ様の心に、この丘は残っていますか」「二人の時は父と呼べ」「父さんが昔の父さんに戻るなら、俺なんでもするよ」「俺は手を汚しすぎたんだ。そして今となっては、お前だけを特別扱いするわけにはいかない。恨んでいいぞ」「恨もうと思っても、無理だったよ」「そうか。恨んでくれた方が、気が楽だったんだがな」みたいな会話をして帰ってきます。

全てが終わった後にブロスが「計画が成功して、さぞ満足だろうな。息子まで躊躇なく犠牲にして」と皮肉をいうとブロスを殴り「俺がなんの葛藤もなくリュウを犠牲にしたと思っているのか!くそガキを失ったお前と一緒だ、なんにも、根こそぎ残っていない。残っているのは罪だけだ」「くそガキだと?メイルと呼べバカ野郎!」といって喧嘩に発展するので、ドラゴなりにリュウのことは愛していたのかなあと思います。

(毎回長々書いてすいません、ここまで読んでくれた方いましたらありがとうございます)
posted by 獏 at 00:01 | Comment(0) | 創作のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
サイトについて

responsive screens夢幻劇場は獏が運営する個人創作サイトです。個人創作やご依頼戴いた作品の掲載を趣旨としております。当サイトの文章やイラストはすべて『獏』の創作物です。著作権は『獏』にあります。著作権者を偽る行為はお控えください。

リンクについて

サイト名
 夢幻劇場 DREAM THEATER
サイトURL
 http://dream-theater.org/
管理人
 獏(ばく)

リンクバナー

バナー画像 @
responsive screens

バナー画像 A
responsive screens